切手買取店に切手を売るために事前用意が必要な物

切手買取店に切手を売るためには、ただ行けばいいだけではなく、事前に用意が必要な物があるので揃えておくことです。実店舗を持つ切手買取のお店は、お客さんを両手を広げて待ってはいますが、それでも必要なものを持って行かないと買取が無事成立にはなりません。たかが切手と侮ることはできないのが、専門店に切手を売るということであり、切手を売るときには本人の身分証明書が必要です。身分証明症のコピーを必ず必要とするのは、古物営業法で義務付けられているためなので、切手と共に身分証明書の送付は必須になります。本人を証明できる書類に関しては、顔写真の入った運転免許証をはじめ、保険証やパスポート類、ほかにも住民票などのコピー類です。これらの原本を持参して、切手を買い取るお店側がコピーをすることもできます。そして肝心の、販売店に買い取ってもらうための切手です。切手は金額ごとにすべて分けてまとめたりしなくても良いですから、ファイルのままとか、ブックのまま持ち込んで大丈夫なので気分も楽になります。まとめて持ち込むことで、切手の査定員が丁寧に査定をするので安心です。